ロゴ

法的トラブルに巻き込まれたら

都市部では地方に比べて少年事件の件数が多く、いつ自分の子どもがトラブルに巻き込まれても不思議ではありません。そこで、役に立つのがやはり専門の弁護士です。もしお子さんが法的トラブルに直面したときには、最初に取るべき行動がとても重要になってきます。まずは専門家に法律相談を依頼することから始めましょう。

法律相談をするときの流れ

男性たち

逮捕されたときには即相談を

少年事件として警察に逮捕された、何かトラブルに巻き込まれたときに、何よりも先にすることが弁護士に法律相談を依頼することです。もし、逮捕されると取り調べを受けて、その後に検察庁に事件が送られることになります。そのため、取り調べの受け答えについての相談をしたり、今後の流れを具体的に説明することでお子さんの精神的負担を取り除くようにしましょう。都市部なら、専門の弁護士も多いので迷わず相談してください。

法律相談を依頼する

少年が警察から検察へ送られると、身柄を拘束されるもしくは拘束されずに事件を家庭裁判所に送られるかを決定されます。しかし、身柄を拘束される期間が長くなってしまうと、過酷な状況に置かれるため、この時点でのお子さんへのフォローはとても重要です。早く弁護士事務所へ問い合わせをして相談しておきましょう。

事務所へ行って直接話す

最初に弁護士へ相談の問い合わせをするときは、電話が多いでしょう。しかし、電話だけでは弁護士が知りたいことが見えてきません。ですから、直接足を運んで話を弁護士にする必要が出てきます。どんな状況にあるのか、落ち着いてしっかり話をしましょう。

契約書類の手続き

事務所へ行き、話をしたら弁護士からいろんな提案などがされるでしょう。その話の中を踏まえて、このまま依頼したいと思ったら契約をするといいです。契約手続きには、委任契約書が必要になります。注意点を聞いたうえで、手続きを進めましょう。しかし、話を大事にして契約や手続きを急かすような弁護士にあったら一度検討したほうが安心です。

弁護活動開始

無事に弁護士へ依頼が済んだら、弁護士が動いてくれます。面会などを利用して事件関係者の話を直接聞きに行くことで、慎重に調査を進めていきますから安心してください。もし、特に拘束されていない場合でも問題ありませんよ。

有能な弁護士を選ぼう

少年事件の法律相談を依頼するなら、経験と実績のある弁護士を選ぶようにしましょう。事件の件数が多い都市部には、その分だけ少年事件を専門とした弁護士もたくさんいます。初回の電話相談は無料と言うところも多いので、複数に相談してみてから決めるのも良いかもしれません。

少年事件で逮捕されたらやるべきこと【弁護士選びの基礎】

天秤

専門分野に特化した弁護士に依頼するメリット

少年事件を専門にしている弁護士を選ぶメリットとしては、その経験から検察官や裁判官の人柄や傾向を心得ていることが挙げられます。都市部など少年事件の件数が多いエリアであっても、何件もの少年事件を担当してきた弁護士であれば、検察官や裁判官に合わせて、それぞれのシーンでの働きかけができます。少しでも事件に巻き込まれてしまったお子さんの負担を軽くするためには、少年事件ならではの特異性やその事件の背景を正しく理解できる弁護士を選ぶことが重要なのです。

[PR]
東京で好評な司法書士事務所
さまざまな業務内容を実施中

[PR]
離婚トラブルを弁護士に相談
最良の解決策を実施してくれる

[PR]
弁護士事務所を大阪で利用しよう
事前に対応業務をcheck☆

[PR]
医療ミスを弁護士に相談
対応実績豊富な事務所を厳選紹介

新宿にある税理士事務所を厳選リサーチ♪

法律相談サービスを東京で実施中

広告募集中