ロゴ
>トピックス>税理士に依頼できる内容を知る〜目的に応じて相談しよう〜

税理士に依頼できる内容を知る〜目的に応じて相談しよう〜

電卓

税理士の職務内容とは

税理士はその名の通り税のスペシャリストとして、税金に携わるさまざまな仕事を行なっています。納税者の変わりに税金の支払いに必要な書類を作成したり納税の手続きを行うのは税理士だけに許された独占業務です。個人事業主など毎年の確定申告を自分で行わなくてはいけない人にとって税理士の存在は心強く、必要不可欠といっても過言ではありません。

電卓

税理士に依頼する時に知っておきたいポイント

税理士に依頼をする上で知っておくべきポイントがいくつかあり、その中の一つが依頼料です。日本には地域を問わず数多くの税理士がいますが、依頼をするために必要となる費用はそれぞれ異なります。案件による費用の違いはもちろんのこと、同じ内容でも税理士によって若干金額が変わるので注意が必要です。そのため、依頼をする時は複数の税理士からの比較検討が大切になります。そのほかにも、実績による信頼性も重要な見極めのポイントです。相続税など税金の種類によっては税理士の能力で結果が左右されるケースも少なくありません。実績についてはネットのホームページなどで調べることができるので、しっかりと確認しておく必要があります。

税理士に相談できること

電卓

相続、遺言に関わる税金の相談

前述したように税のスペシャリストと呼ばれる税理士は税金に関するさまざまな案件を請け負っています。その中でも比較的多いとされているのが相続に関わる相談です。日本では故人が残した遺産を残された家族が相続する場合に相続税と呼ばれる税金が発生します。この相続税は遺産の総額や受け取る人数によって金額が異なり、自身で計算をして手続きを進めていくのは難しいのが実情です。税理士であればこういった相続の手続きもしっかりと行なってくれます。

確定申告の計算や手続きについての依頼

社会人として仕事をして収入を得ている人が年度末に必ず行なわなければいけないのが確定申告です。会社に雇われている人はこれらの手続きは全て会社で行なってくれるので問題はありません。しかし、フリーランスや自宅でお店を経営している個人事業主と呼ばれる人は自身で申告の手続きや支払いを行います。もちろん自分で行なうことは可能とはいえ、実際に書類に記入をしたり費用の計算をするのは難しく、時間や手間が掛かってしまうのは否めません。仮に間違って申告をしてしまうと後々トラブルに発展することもあります。そんな時に税金のプロフェッショナルである税理士に依頼をすることで安心して任せることができるのです。

経営者の立場での顧問契約の相談

税理士は個人の依頼だけでなく企業からの相談も請け負っています。会社を経営していく上で会計処理や税金の支払いは必要不可欠です。こういった会計や税金の支払いはちょっとした記入漏れや計算ミスでも会社の経営に影響をもたらすこともあるので細心の注意を払わなくてはいけません。税理士はこういった会社の税金に関わる業務や経営についてのアドバイスを、毎月一定の報酬を得る顧問契約という形で請け負うサービスも行なっています。

広告募集中